占い師になるには資格講座おすすめ・ランキングガイド

占い師になって生きるための基礎知識

 

ストレス社会とも言われる現代

色々な悩みを聞いてくれる占いは、ストレス発散の場として人気が高いです。

 

占い師を仕事として生活していくため

相談者が定期的に通ってくれるようになることです。

 

給料は基本的に出来高制

給料制ではないため、よりスキルアップを目指すことが大切になります。

 

 

占い師は、ストレス社会とも言われる現代において、様々な悩みを抱えている人達に対して占いによる鑑定と、鑑定結果から導き出された解決方法をアドバイスして、良い人生が送れるように支援することが大きな仕事となります。

 

占いと言ってもその種類は数多く、その技法も様々です。特に占いを行う環境においては、従来は対面型が一般的でしたが、近年では電話やネット、メールなどで占うパターンも登場しています。

 

ストレスを多く抱えた人が多い現代社会では、色々な悩みを聞いてくれる占いは、ストレス発散の場として人気が高いです。特に電話やネットなどを利用した占いは、離れた場所科からも人気の高い占い師に依頼することができるため、若者世代を中心に需要が伸びています。

 

占い師を仕事として生活していくためには、まず占い師の資格を取得することが効果的です。占い師になるために必ず取得しなくてはならない資格は決まっていませんが、どの占いも奥が深く、また人それぞれに鑑定結果が異なることがほとんどです。

 

 

相談者が定期的に通ってくれるようになることで、仕事としてやっていくことができるようになります。そのためには、鑑定結果に適した解決法や強化法を導いてあげることが大切です。

 

また、相談者とのコミュニケーションが大切になる仕事であるため、コミュニケーション力もある程度身に付けておくことが大切です。占い師の勉強は、参考書などを利用して独学で知識を積むことも可能です。しかし、一人では実践スキルを身に付けることがなかなか難しいです。

 

人によって異なる鑑定結果に対して、相談者の反応も人それぞれです。鑑定結果に納得する人もいれば、当然納得しない人もいます。独学では、こうした実践的な対応に不安があります。

 

最も効果的な勉強法は、占い師養成講座やカルチャースクールで専門家の指導を受け、認定資格を取得することです。占い師資格を持っているということで、相談者の信用度も高まります。

 

占い師を仕事としていくためには、生活ができるそれなりの収入が必要となります。占いの会社に所属しているか、独立して行うかでも給料に差が出てきます。

 

給料は基本的に出来高制であり、会社の専属占い師では、対面型で占い料金の約4割〜5割、電話型で約2.5割〜3割と言われています。
給料制ではないため、よりスキルアップを目指すことが大切になります。

 

奥深い占いをマスターするための必須スキル

 

占いは歴史が長く奥深いもの

深い知識と実践でも使える技術も身に付けることが大切です。

 

通信教育やカルチャースクールでは

占いの知識として占い方の指導の他、その占いの起源やこれまでの歴史などもしっかりと学びます。

 

占いの資格

仕事として占い師になるには最適で、より深く踏み込んで学習ができるようになります。

 

占いの中には、歴史が長く奥深いものも多くあります。そのため、基礎だけを覚えれば占いができるわけではないのです。その占いにおいて、より深い知識と実践でも使える技術も身に付けることが大切です。

 

占い師になるには、占いを学ぶことになりますが、その方法には独学・通信教育・カルチャースクール・占い師に弟子入り、という4つの道があります。独学の場合、知識が十分に得られなかったり実践のスキルを学ぶことが難しい可能性があります。また、知識と技術を習得するまでに相当の時間を要する可能性が高いです。

 

側に弟子入りの場合には、師匠のお世話の合間に勉強することになるため、時間が十分に取ることができないためです。その点、カルチャースクールは、専門講師の授業を受けられるほか実践的スキルも身に付くため、比較的スピーディに資格取得へとつながります。
通信教育やカルチャースクールでは、占いの知識として占い方の指導の他、その占いの起源やこれまでの歴史などもしっかりと学びます。

 

インターネットの情報は必ずしも正しいとは言い切れないため、独学で間違った知識を習得してしまうと、相談者とのトラブルを招く可能性も出てしまいます。占いをより深く理解しマスターしていくには、正しい知識と技術を習得することが大切なのです。

 

奥深い占いをするために取得しておきたいスキルとしては、西洋占星術の場合には「ホロスコープ鑑定士」や「西洋占星術士」、風水占いでは「風水セラピスト」・「風水鑑定士」、手相占いでは「手相鑑定士」・「パームリーディングアドバイザー」、タロット占いでは「タロットカード占いインストラクター」・「スピリチュアルタロットアドバイザー」などです。

 

これら占いの資格は、仕事として占い師になるには最適で、より深く踏み込んで学習ができるようになります。

 

特に、「アドバイザー」や「インストラクター」の資格は、取得後に養成講座の講師としても活躍できる資格なので、より深く知識と技術を学ぶことができるのです。占い師を仕事とした際、このような資格を取得していることで、相談者へ安心と信頼を与えることができます。

 

総合的な分析スキルと大局を見る力を身につけよう

 

占いはその種類によって占い方にも違いがありますが、相談者の特徴や環境などのあらゆる情報から占いを行います。

 

占いによっては、天体の周期や位置などを記した天体配置図(ホロスコープ)を使用し、その人その人の情報などともに総合的に分析する占術もあります。
従って、占いの仕事では、相談者の現在の状況と共に様々な情報をホロスコープに反映させて、未来のことも見極める能力が必要となります。

 

総合的な分析と先を読む能力を身に付けるようになるには、占術に使用する用具をしっかりと理解して分析できる能力を養う必要があります。特に西洋占星術においては、ホロスコープがその重要な用具となり、ホロスコープをきちんと理解し深く分析できること、自身で作成できることが求められます。

 

高い分析能力を身に付けていることを証明できるようになるには、「ホロスコープ鑑定士」・「西洋占星術士」・「風水鑑定士」・「風水アドバイザー」・「数秘術セラピスト」・「数字アドバイザー」などの資格を取得するのが効果的です。

 

ホロスコープ鑑定士や西洋占星術士は、西洋占星術で運勢を占う際に必要なホロスコープ(天体配置図)を、より深く理解できる知識と作成できる技術を身に付けることで認定される資格です。

 

風水鑑定士は、風水で運勢を占う際に必要な羅盤をより正確に使用し分析できる能力を身に付けると共に、風水の重要な考え方である五行陰陽説の知識も一定基準以上身に付けている場合に認定される資格です。

 

数秘術セラピストや数字占いアドバイザーは、数秘術で重要となる数字を、生年月日や姓名から導き出す能力がある人に認定される資格です。

 

数秘術で運勢を占う際には、占術独自の方程式を利用し、その方程式は占う項目によって変わってきます。そのため、数秘術を専門に仕事とする場合には、相談者のニーズに合わせて独自の方程式を使いこなせる技術も必要となります。

 

これらの占いの歴史は、四柱推命、九星気学、星座占い、タロット占いなどと同じくらいに古いものです。そのため、講師として活躍できる程度に極めることで、大局を見る力を養うことができます。

 

仕事につながる占いスキルの選び方

 

占いの資格を取得する場合、仕事へとつなげられるようになるには、他人に指導できる程度のレベルであることを認定する資格がおすすめです。

 

占いを仕事とする場合、生活できる程度の給料が得られることが重要なポイントとなり、そのためには安定した集客率が得られることが大切です。

 

安定した集客率を維持できるようになるには、リピーターを増やしていくことが大切です。相談者の悩みは様々であり、相談内容もそれぞれ異なります。そんな相談者の悩みを的確に占い、解決できる道へと導いてあげることで相談者を救われるのです。

 

相談者の悩みが解決されることで、占い師への信頼度は一気に高まり、また同じ占い師を指名するようになります。一定以上の知識と技術を習得できるようになるには、インストラクターやアドバイザーレベルの資格を取得するのが効果的です。

 

特にインストラクター資格は、日本インストラクター技術協会と呼ばれる認定機関が証明する資格であるため、資格が取得できればカルチャースクールなどで講師として生徒さん達を指導することも可能となります。講師レベルの能力があるので、占いを仕事として行う際にも効果的です。

 

資格を取得するためには独学で受験し合格する方法もありますが、この場合、知識は十分なレベルに到達していたとしても、実際に相手を占う実践スキルを養うことが難しくなります。また、仕事として相談者の運勢を占うとなると、ある程度のコミュニケーション力も必要となります。

 

相談者が占い師に好印象を抱いてくれなければ、リピーターとして利用してくれる確率は低くなります。
占いを希望する人は色々な悩みや不安などを抱えているため、それに寄り添い開運へと導く話し方ができなければ、良い印象を与えることができません。こうしたコミュニケーション力のスキルは、独学で習得することはとても難しいです。

 

従って、知識・技術と共にコミュニケーション力を身に付けられるようになるには、カルチャースクールや占い師養成講座などを受講して学んでいくのが最も効果的であり、スピーディーかつ効率的に資格を習得することができるようになります。

 

占いの資格を取得する場合、仕事へとつなげられるようになるには、他人に指導できる程度のレベルであることを認定する資格がおすすめです。

要点を紹介するキャラクター

 

仕事に役立つ占い系資格ランキング

仕事として占いをする場合には、特に必須となる資格はありませんが、より安定した給料を得るためには相談者の心を打つような占い師になることが大切です。

 

そこで、占い師を仕事としてやっていくために、取得しておきたい役立つ資格をランキング形式でご紹介します。

 

画像名を入力

西洋占星術士の特徴

この資格は、日本メディカル心理セラピー協会が主催し認定している資格です。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
西洋占星術士の総評
  • ホロスコープの分析と共に、作成もできるレベルまで達することで認定
  • 西洋占星術の歴史なども学ぶ
  • 仕事や人間関係で悩む人達に、いつもとは違った方向から解決策を導く
公式サイトへ

 

画像名を入力

パワーストーンスペシャリストの特徴

この資格は、日本生活環境支援協会が主催し認定する資格です。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
パワーストーンスペシャリストの総評
  • パワーストーンの歴史やその種類、性質といった基礎知識
  • パワーストーンを使用した浄化方法
  • プログラミング方法、風水との関係
公式サイトへ

 

画像名を入力

ホロスコープ鑑定士の特徴

この資格は、西洋占星術で最も重要なホロスコープについて詳しく学ぶことができ、その知識が一定以上のレベルにまで達することで認定されます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
ホロスコープ鑑定士の総評
  • ホロスコープを分析
  • 相談者の変化をあらゆる観点から読み取る
  • 解決へと導くため的確にアドバイス
公式サイトへ
第1位:西洋占星術士

この資格は、日本メディカル心理セラピー協会が主催し認定している資格です。西洋占星術ではホロスコープを使用しますが、この資格ではホロスコープの分析と共に、作成もできるレベルまで達することで認定されます。
資格取得後は、仕事や人間関係で悩む人達に、いつもとは違った方向から解決策を導くことができるようになります。また、西洋占星術の歴史なども学ぶことで深く理解することができます。

 

第2位:パワーストーンスペシャリスト

この資格は、日本生活環境支援協会が主催し認定する資格です。パワーストーンの歴史やその種類、性質といった基礎知識から、パワーストーンを使用した浄化方法やプログラミング方法、風水との関係など、様々な知識を習得することができます。
女性や男性にも人気のパワーストーンの魅力を、多くの人に伝えることができるようになるため、ショップでお客様の悩みに応じたストーンを選んであげることができます。

 

第3位:ホロスコープ鑑定士

この資格は、西洋占星術で最も重要なホロスコープについて詳しく学ぶことができ、その知識が一定以上のレベルにまで達することで認定されます。このホロスコープを分析することで、相談者の変化をあらゆる観点から読み取ることができ、それを解決へと導くため的確にアドバイスしていきます。
ホロスコープの分析次第でその人の今後の運勢も変わってくる可能性もあるので、より適正な分析力が要求されます。
この資格はインストラクター資格であるため、取得できることで指導する側にもなることができます。

 

占い師の資格には、趣味として楽しむレベルのものもあります。
仕事として役立てるは、インストラクターやアドバイザーレベルの資格を取得するのがおすすめです。

 

おすすめなのは「風水占い資格」

最も仕事に役立つ資格は「風水占い」の資格
仕事に役立つ風水の資格
運気の上がる道筋をアドバイス

占い資格ランキングのTOP3は、西洋占星術に関する資格が入っていましたが、最も仕事に役立つ資格は「風水占い」の資格です。

 

風水関連の資格の中には、ランキングの第5位と第6位にランクインしているものもあります。

 

仕事に役立つ風水の資格としては、「風水鑑定士」や「風水アドバイザー」がおすすめです。

 

風水鑑定士は、占い資格ランキングの第6位に入っている資格で、JIA(日本インストラクター技術協会)が認定しています。

 

この資格は、吉凶を方位などに当てはめて占う「八卦」や、風水の中でも重要な考え方である「五行陰陽説」などにおいて、一定基準以上の知識を習得し、更に風水の観点から住宅を鑑定する能力を習得することで認定されます。

 

資格を取得することで、人が快適に健やかに過ごすことができる住宅を提案することができるようになります。また、運気が下がっている住宅では、それを改善する策を提案することもできるようになるため、建設業界や不動産業界の人がスキルアップのために取得することも多いです。

 

この資格を持っていることで、風水占いを仕事として行う場合にも大いに役立ちます。相談者の身の回りの環境を改善することで、運気が上がると共に自分自身も浄化できるといういことをアドバイスすることができます。

 

風水の基礎知識を学ぶと共に、家相・地相・方位といった住宅における風水、商売繁盛へと導くための商売風水の知識なども学ぶことができ、その知識はスペシャリストとしてふさわしいレベルが必要です。

 

その資格を持っていることで、自分が仕事として風水占いを行うために必要な環境を、自らの風水鑑定で分析することができます。また、あらゆる分野の風水の知識を習得しているので、相談者の様々な悩みにも適正に対応でき、運気の上がる道筋をアドバイスできます。

 

有資格者としては、風水占い師を目指す人以外に、インテリアや住宅関連の業界からスキルアップをするために取得する人もいます。

 

手相資格はこちら

 

まとめ

占い師を仕事としていくためには、趣味レベル以上の知識と共に、相談者に対して悩みに応じた的確でスムーズな占いができる技術を兼ね備えていることが大切です。

 

また、生活をしていくにはそれなりの収入が得られなければならないため、リピーターの付くような占い師になることが求められます。そのためには、知識・技術と共に相談者の悩みに寄り添うことができるコミュニケーション力も必要です。

 

占い師になるためには、特別な資格は必要ありません。従って、自宅で独学で習得することも可能です。しかし、この方法では知識は身に付けられても他の実践的技術やコミュニケーション力を見つけることは難しいです。

 

3つの要素を高いレベルで習得するためには、カルチャースクールや占い師養成講座を受講し、専門家の指導を受けることが効果的です。
奥深い占いを習得するためにも、こうしたスクールなどを利用することが良いでしょう。

 

占い師の中で仕事に役立つ資格ランキングTOP3は、1位:西洋占星術士、2位:パワーストーンスペシャリスト、3位:ホロスコープ鑑定士となっています。

 

風水占いの資格にもいくつかの種類がありますが、中でも仕事として役立つ資格は、「風水鑑定士」などです。

 

風水鑑定士は、住宅に関する風水の知識を一定基準以上のレベルで習得することで認定される資格です。取得後は、住まいに悩みを抱えている相談者に対し、快適に過ごせるような開運空間を提案することができます。

 

風水アドバイザーは、あらゆる風水の知識を習得すると共に、応用として家相や地相から開運を導く住宅風水や、商売繁盛への導く商売風水などの知識も習得できます。

 

取得後は、自身の仕事が順調に進むような環境を自分自身で作り出すことができるので、占いの仕事も順調に進むことでしょう。
相談者に対しても、風水の知識を全般に習得しているので、あらゆる悩みにも的確に対応することができ、開運へと導くことができます。

更新履歴